スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

謹賀新年2016



あけましておめでとうございます。
2016年が皆様にとって良い年となりますように。

今年もどうぞよろしくお願い致します!


正月飾りっぽい要素を使ったつもりなんですが、微妙に漂うクリスマスムード。


  1. 2016/01/01(金) 15:41:16|
  2. 日々|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

暮れのご挨拶

今年も作品におつきあいくださり、ありがとうございました!

地味にデビューから15年が経ちました。
去年の誕生日には若さに固執せず生きていきたい云々言ってたんですが、最近ほんと寄る年波が顕著になってきたので、やっぱり若さに固執したい気持ちで一杯です。永遠の若さを求める悪役にやたら理解のある主人公とか描いてしまいそうです。

感想を頂くと、初連載作品からの読者さんが割といてくださって、自分の中で仕事は日常であり15年ずっと地続きなので、その存在には安心感のようなものを抱くわけですが、一方で今の連載で初めて私の漫画を知ったという方も勿論いらっしゃるわけで、常に今が始まりなのだなあと改めて思います。


そうそう、下半期に入ってからは腰痛のせいで遠ざかってしまってた海外ドラマもまた見出しました。
メンタリストシーズン6のラストは感慨深かったです。次どうなるんでしょうか。そして再放送でシーズン1がやってるとジェーン若かったな…ってなります。
あと楽しみにしてるのはTHE FALLFOREVER
THE FALLはちょうどシーズン2が終わっちゃったとこですが、次どうなるんでしょうか。静かなドラマだけど集中して見てしまいます。スカリーが懐かしくて見始めました。マーリンも出て来るとは思わなかった。かっこよくなってた。
FOREVERはモーガン先生とエイブの逆転親子な感じとか、設定ならではの登場人物の関係性が楽しくて好きです。ルーカスを応援しています。次どうなると言いたいところですが、シーズン1で打ち切りって本当なのか…悲しい…。


ちょっととりとめもなく今年最後の日記を締めますが、すべては仕事が納まっていないせいです。結構アワアワしています。
それでは皆様、どうぞ良い年の瀬をおすごしください。


  1. 2015/12/29(火) 11:57:29|
  2. 日々|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ハロウィンらくがき



フィーヨが入ると百鬼夜行感が出る気がする。


  1. 2015/10/13(火) 19:27:33|
  2. 日々|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ララDX7月号とコミックスのおしらせ



遅刻してしまいましたがララDX7月号が発売になりました。
世界で一番悪い魔女は5話を載せてもらっております。今回で登場人物が一気に増えます。

そして扉絵で告知が出ましたが、1巻は8月5日に発売予定です!
本編がぎちぎちに入って余白が少なかったので、4分の1をなるべく描き込んだつもりです。
カバーイラスト、表紙は勿論張り切って描きましたが、個人的に裏表紙が結構可愛く描けたと思っているので、夏になったらご確認頂けると嬉しいです。楽しんで頂けますように!

majo_hc1_1.png


  1. 2015/06/14(日) 20:29:42|
  2. 日々|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

マグリット展



マグリット展を見に行ってきました。
私は絵のことはさっぱり分からないながら展覧会に行くタイプなのですが、中学高校の美術の教科書でも見たことあるような作品がいろいろ来てました。

面白かったのは絵の展示の横にマグリット本人のコメントが結構つけられていたことで、それが非常に独自の理論すぎて、何を言ってるんだか清々しいほど分からなかったことです。
画家本人のコメントがついてるのってあんまりない気がするのですが、こうなると他の画家もみんなこれくらい訳分からない理論で描いてるのか、マグリットがとりわけ訳分からないのか少し気になってくる…。
まあ訳が分からないなんていうのも私個人の目線の話だから無粋な言いがかりですし、自分が普段考えてることでも他人にしたら訳分からないことって意外にあるかもしれないんですが。でも後からまとめて振り返ればあの時はこういう傾向だったとか分析できることもあるだろうけど、その時その時であんなに概念的なことを頭の隅じゃなくて真っ向から考えながら暮らしてるなんて驚きです。

絵自体では「旅人」という作品がすごく気に入りました。
絵の具の凹凸は照明で光っちゃったりしますけど、それがすごく功を奏してました。水面もきらきらしてて綺麗だし、夜空の部分に実際には描き込まれてない星があるように見えて、そのかすかな光り方がいかにも星っぽくていい雰囲気でした。

あと今回、額がやたらセンス溢れるものが多くて途中からかなり注目して回ってたんですけど、額って誰が選ぶのかな。借りてきたままなのか、展覧会にあたってお召し替えしてるのか。絵の中に使われてる色を乗せてたり、モチーフと質感のイメージを揃えてきてたりして、かっこよかったです。
所蔵元が個人蔵のものも多くて、展覧会開催するには水面下にたくさんの交渉があったんだろうなあと(某ゲームで推しの刀が個人蔵の私は)想像してしまいました。
マグリット展、楽しかったです。


  1. 2015/06/05(金) 13:43:27|
  2. 日々|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
08 « 2018 09 » 10
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Archives

CATEGORIES

Links

Search

Profile

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。