暮れのご挨拶

完全に年末ですね。背中にはりついて一歩も譲らない師走!

今年も1年作品におつきあいくださってありがとうございました!
連載が終わったり連載が始まったりしました。
八潮と三雲を可愛がって頂き心より感謝しております。
そして世界で一番悪い魔女を早いとこ軌道に乗せられるよう頑張ります。


さて手芸の腕が光る読者さんから今年もすてきな作品を頂いてしまったので自慢します。
ウエディングイメージの猫型ケーキっぽいポーチですよ!すごい!
写真では伝わりにくいですが立体感がさらにケーキっぽさを引き立ててます。
私が言うのもなんだけど愛しか感じねえ。本当にありがとうございます。

結婚式でハッピーエンドという話の締め方はあまり考えない性分なのですが、八潮と三雲が結婚したら最終的には完全に八潮が尻に敷かれるだろうってことは前から決まってます。




ついでに言うとパレットにも私の中で想像図があって、セロと先生は子供や孫に囲まれ末永く仲良く暮らし、先にセロがあの世に行き、先生が3ヶ月くらいしてから後を追うようにぱたりと死んで周囲から「おじいちゃんはほんとにおばあちゃんが好きだったからねえ」と言われます。
その前に鳥の寿命が来る気がしますが、そこ考えるとどんどん悲しくなってきちゃう一方、セロとか先生が天に召される時に頭に輪っかつけた鳥達が上から迎えにくると楽しそうという一方、あの島キリスト教圏じゃないわっていう。

つれづれそんなことばっかり考えているうちに37歳になりました。
若さに固執せず、かといって老いさらばえず歳をくっていきたいです。


2014年も残りわずかですが、それでは皆様良い年の瀬を!


  1. 2014/12/27(土) 16:05:30|
  2. 日々|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
07 « 2018 08 » 09
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Archives

CATEGORIES

Links

Search

Profile